ニキビ、ニキビ跡がある人でも受けられる脱毛方法

全身脱毛の方法は、医療用レーザーを使うレーザー脱毛、その出力を抑えた光脱毛、毛穴1つずつ針で電気を流して毛母細胞を破壊するニードル法の3種類があります。ほとんどの人はこの3種類のいずれかで全身脱毛が可能で、肌にトラブルがあっても肌の専門家が診てくれるためトラブルが起きにくいものです。むしろこうした肌トラブルの解決を兼ねて美容皮膚科を訪ね、脱毛を勧められることがあります。
それでも不安を感じる人の為にあるのが従来とはまるで違うハイパースキン法と呼ばれる脱毛方法です。ハイパースキン法は実に限定的な場面で使われる脱毛方法で、ニキビ、ニキビ跡がある人、敏感肌の人、あまり急いでおらずゆっくりと脱毛を進めたい人に向いている脱毛方法です。

これで、悩み解決!全身脱毛の5つのメリットとは?

本来なら断られるような肌の状態でも受けられるくらい肌に優しい脱毛方法です。

4番目の脱毛方法「ハイパースキン法」

ハイパースキン法の仕組みは、毛の種の部分だけを処理して、その先毛が生えてこないようにするものです。つまり既に生えている毛の毛根には作用しないため、ゆっくり確実に脱毛をしていく方法になります。毛の種を処理することで、毛の成長を抑制していき、最終的に全身脱毛の状態になるまで8か月から12か月という時間がかかります。この点はデメリットですが、時間をかけても大丈夫な人なら問題ありません。
つまりニキビ、ニキビ跡や色素沈着を起こして従来の脱毛方法が使えない人でも、せいぜい人肌程度の温度の光を照射する脱毛方法であるため、肌に負担がかかりません。ニキビが悪化したり、ニキビ跡に反応して肌を荒らす心配はなく、安全、確実に脱毛できます。また敏感肌で強い刺激に弱い方にも向いており、人肌程度の38度の光なら問題ありません。

これだけは、知っておきたい。全身脱毛の4つのデメリット

背中ニキビを改善できる

いつの間にかできて悪化しやすいのが背中ニキビです。特に何もしていなくても背中は汗をかきやすく、汚れが溜まりやすい部位であるため、気が付かないうちに背中ニキビが出来てしまいます。こうした背中ニキビを改善するのに全身脱毛が有効であることがあります。
まず悪化している場合はハイパースキン法での脱毛を行えます。今現在背中ニキビがなくても過去に出来たことがある人は、どの方法でもよいので背中の脱毛を行い、汗や汚れが溜まりにくい背中に変えてしまうと良いでしょう。これから先に背中ニキビができる可能性を潰して、美しい背中を手に入れられます。脱毛サロンによっては、殺菌効果のある光脱毛を行っているところもあるため、ニキビができにくい肌作りに適しています。

Comments are closed.